老けないのはどっち!? スキンケア「コットン派vs.素手派」 - これであなたも女子力アップ!

老けないのはどっち!? スキンケア「コットン派vs.素手派」



ニュース記事




女子力

スキンケアのマストアイテムといえば、“化粧水”ですよね。
化粧水をつけるときに分かれるのが、コットン派と手派です。
コスメカウンターによっては、「コットンを使用して下さいね」とアドバイスされたりもしますが、実際のとこはどうなのでしょうか? 
今回は、コットンと手で行うスキンケアについて、メリット・デメリットをご紹介します。


コットン派
コットンのメリットは、万遍なくパッティングすることで、肌の内部まで水分が入りやすくなること。使用した後は、コットンパックとして再利用できることです。
一方でデメリットは、コットンのコストがかかること。
また微量の化粧水では、コットンの繊維が毛羽立ってしまい、逆に肌を傷めてしまう可能性があることです。
スキンケアで肌を傷めてしまうなんて、不本意ですよね。
コットンで肌を傷める可能性について、スキンケア情報サイト『女性の肌は宝物!!』では、以下のように記されています。

<コットンは、どんなに上質なものを使っても、繊維の刺激で肌に小さな傷ができやすくなります。
角質層が傷つけば、そこから肌のうるおい成分が流れ出し、外界からの刺激は中に入ってきてしまい、肌は乾燥し、肌トラブルや肌老化を招くことになってしまいます。
>

チープなコットンならまだしも、少々値が張るコットンもNGとは驚きですよね。


素手派
素出派のメリットは、手で直接肌に触れることにより、乾燥やザラつきなど肌の状態をダイレクトに感じ取ることができます。
また、コットン代のコストもかからなくて済みます。
一方でデメリットは、鼻周りなど凹凸部分に塗布するとき、コットン使用時と比べてムラになりやすいこと。
化粧水を出し過ぎてしまう、ついバシャバシャと重ね付けしてしまうなどといった、不必要な使い方が多いことでしょう。


正しい化粧水の塗布とは
では、正しい化粧水の塗布について見ていきましょう。
前述から、たっぷり化粧水を含んだコットンではない限り、化粧水・美容液・乳液・クリームなどのスキンケアは、全て手で行うのがおススメです。
手の体温により、肌が温まって浸透しやすくなるなどの効果があります。

化粧水を顔全体に馴染ませたあと、さらにもうワンプッシュを手に取り、両手中指・薬指で顔の内側から外へ向かって軽くマッサージしながら、押さえるようにして再度馴染ませていきましょう。
仕上げに、眉周り・目周り・フェイスラインを指圧すると、むくみが改善され、スッキリとしたフェイスラインに仕上がりますよ。


いかがでしたか?
拭き取りタイプのメイク落としやコットンパック時にはコットンを、スキンケアは手と使い分けると、肌を傷めることなく美肌度が増しますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

参考:peachy



管理人コメント

やはり両者ともメリット・デメリットはそれぞれあるんですね・・・

しかし、どんな高価なコットンを使っても傷つけてしまうのは驚きですね。

他にも素手には良い点があり、素手で行うことで手にも美容液・化粧水をしみこませることができます。
まさに一石二鳥です。

まぁコットンも他にも多様な使い方があるので、どちらが正解とは言えないと思います。

前項:「夜シャンvs.朝シャン」ダメなのは
次項:恋をするとバストが大きくなる?
一覧:コンテンツ一覧



女子力

応援クリックにご協力お願いします(^^)

↑応援クリック↑


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © これであなたも女子力アップ! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
  • SEOブログパーツ

にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ PVランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。